BodyTalkのことや日々のなんてことないことを綴ってみます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
大失恋

25才の時、大失恋をしました。

傍から見たら、
大も小もあるか、ただの失恋だろっ
って思われるかもしれませんが、本人的には大失恋。

ひとりで身を焦がしていました。


ショックを受けると、本当に ササーッ って音がするんですね。
自分の血の気の引く音を、初めて聞きました。


口約束ではありましたが、「結婚しよう」と言っていた人に
別れを告げられ、その後、彼は海外赴任してしまいました。
別の女性と結婚して。


別れを告げられてから、彼が海外に行くまで期間はあったのですが、
バカな私はその間、彼が自分に戻ってくるのを待ってしまったん
ですねー。


そんなある日、夢に彼が出てきました。
夢の詳細は忘れましたが、何かピンとくるものがあった気がします。

すると翌日、たまたま(本当にたまたま。 、、だけど必然!)
帰りが一緒になった同僚の口から、彼が結婚して海外に行くことを
聞いてしまいました!

前の晩見た夢は、まさに虫の知らせだったのですね。

事情を何も知らず、私にこの話をした同僚はビックリしたでしょうね。
隣で飲み食いしてた私が、急に店の中で大泣きですから。(苦笑)
まるで、彼が私を泣かしたみたいな図になっちゃいました。
Eくん、ゴメンナサイ!



ささーっ、と書きましたが、そんな経験。
失恋は何度もあるけど、これは辛かったですねー。

その後、20代の良い時期だというのに、
5年も恋愛しませんでしたから。


つらかったけど、、、本当にかなりつらかったけど、

これも今となっては思い出だし、これで良かった。


こうなってくれたおかげで、私は今、幸せだもの。


もしもその時、彼と結婚していたら、今の私は無いし、
今の仕事をする事もなかったかも。


良い経験でした。 ありがとう。







つづく







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【北野祐子が出来るまで】
はじめに




スポンサーサイト
2013.07.30 / Top↑
カナダから帰ってきて、早1週間!

最初の数日は眠くて眠くて… 寝てばかりでした。

最初、時差ボケと思っていたのですが、どうも違う。
なかなか治まらない。。

あぁ、
カナダで大きなエネルギーに触れたからね、
いっぱいミラクルを体験してきたからね、
シフト中なんだ!



なんと。オーロラが!
image_20130724192202.jpg

虹も出ました! しかもダブルレインボー!
image_20130724192204.jpg
image_20130724192205.jpg

満点の星空でした!
image_20130724192206.jpg



昨日あたりから少し落ち着いてきましたが、まだまだ変容中…!



2013.07.24 / Top↑
ボディートークのモニターを募集します。



・ボディートークもしくは自然な療法に興味のある方、
・心や体または人間関係など周りの環境に、何か不調や気になることがある方、
・ボディートークって何?という方、(笑)

この機会に試してみませんか?


まずは、8/10 までにお申し込みの方、先着3名様とさせていただきます。

モニター価格 ¥3,000 (通常 ¥8,000) 当日お支払いください。

【応募条件】
①ボディートークをまだ受けたことのない方
②月〜土の10時〜19時半までに、月島のサロンに来ていただける方
③セッション後の変化や感想をメールで頂ける方



応募は、
・お名前
・ご連絡先(電話番号およびメールアドレス)
・ご職業
・気になっていること、など
また、問い合わせ内容に「モニター希望」とご記入いただき、
以下のフォームからお願いします。

お問い合わせ・申し込み

もしくは、お電話でも承ります。


お待ちしてます♬




2013.07.23 / Top↑
昨日、カナダから帰って来ました。


濃すぎる日々を過ごしてきました!

ミラクルいっぱいです!

moblog_882955b0.jpg


また追々…

2013.07.18 / Top↑
明日から、Linking Awareness のセミナーを受講しに、カナダに行ってきます!


冒険です!





一緒に行く、浦本陽子ちゃんと、お嬢ちゃんと、
先日、3人でセッションしたら、こんな絵が出来上がったよ♬


moblog_15e50704.jpg


どんな事が起こるんだろう〜 ドキドキ


では、しばらく行って来まーす♬




2013.07.07 / Top↑
パワハラ

実は2010年の春から、職場でパワハラを受けていました。

当時の就業先で、派遣会社との窓口役および私たちへの
指揮命令者となっている社員(=上司)が、困った人でした。

ちょっとした気分で「あいつ気に入らねぇ!」となる人で、
当時私と一緒に働いていた、もう一人の派遣の女性も、3月末に
いきなり説明もなしに子会社(同じ部屋のパーティション隔てて
すぐ隣ですが)に、異動になりました。

上司にとって彼女は目障りだったらしく(過去に飲み会の席で
セクハラ的な接し方をし、彼女に無視されていた経緯があります)、
「この女クビにしてやれ」と派遣契約を切ったところ、
たまたま欠員のあった子会社側で拾われた、という事だったようです。

その経緯に憤慨していた私は、それを態度に出していたのですね。
すると今度は、私が「あの女気に入らねぇ!」「クビにしてやれ」の
対象になったようなのです。

しょうもない上司でしたが、私にとって本当に堪えたのは、
この上司ではありませんでした。


4月から、この上司が連れてきた、外部のシステムエンジニアの
男性がいたのですが、この人にコテンパンにやられました。

信じられないくらい陰険でした。

システムの事がわかるのは、私とその人だけなので、
私には誰が何をしたかわかるけれど、はたから見たら
私が良からぬ事をしたかのように見える、
システム的トラップをしかけられたり、朝礼の席で、
自分のミスを名指しで私になすりつけられたり、
じわじわと私の居場所がなくなるよう、追い詰められて行きました。


クビにしただけで十分じゃんか・・・
崖から突き落とした上に、更にとどめにグサグサしなくていいじゃんか・・・




大方忘れてしまいましたが、何で大の大人の男がこんな事をするのだろう?と、
毎日、信じられない思いでした。
やり場のない怒りと、今日は何をされるんだろう?という恐さで
いっぱいでした。

そしてとうとう、離脱症状も手伝って、
私は仕事に行けなくなりました。



この時のことは、ものすごく嫌な経験でした。

こんなに怒ったの初めてだったかもしれません。
最後はセンター長に、証拠と共に今までされた事をメールで送り、
職場を後にしました。



けれど私、今はこのエンジニアの男性に感謝しているのです。

本当ですよ。


当時は本当に本当に許せませんでしたし、
彼らを訴えることも考えました。

今でも好きにはなれませんが、
「よくぞあそこまでやってくれた!」って思ってます。


だって、この時、私は
ボディートーク の道へ、第一歩を踏み出す転機だったのです!

大きなチャンスです!


それまで会社勤めしかした事がなく、思いっきり現実的な世界でしか
生きて来たことのない私が、
今までと全く違うこと、それも全くの未知の世界へ進み出すなんて、
ものすごいエネルギーの要る事で、
余程のことがない限り、考えられない事でした。

その「余程のこと」が起こってくれたのです。

すべての感情には意味がありますが、怒りは
「前に進むための原動力」です。


ありがとう・・ 私をあそこまで怒らせてくれて。。
ありがとう・・絶妙なタイミングで私を派遣切りしてくれて。。

本当に感謝。


このような事がなければ、私は今でも漠然とした不安を感じながら
プログラマーの仕事をしながら、生きていたかもしれません。


なんてラッキーだったのでしょう・・!




私の言いたいこと、何と無く感じていただけるかしら・・?


今、辛い事の最中にいる方、

一見悪いことに思える事でも、
実はそれはチャンス なのかも!







つづく







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【北野祐子が出来るまで】
はじめに





2013.07.06 / Top↑
離脱症状(ボディートークとの出会い)



うつの症状が良くなった私は、主治医の指示のもと、
それまでずっと飲んでいた抗鬱剤のトレドミンと、向精神薬の
メイラックスを、ゆっくりと減薬していきました。

最終的にトレドミンは2009年に、メイラックスは2010年5月の頭に
断薬しました。

離脱症状については以前別記事に詳しく書きましたが、
メイラックス断薬後2週間ほどで、今までに経験したことがないような
いろいろな症状が出てきました。

呼吸困難・ふらつき・その他いろいろ、
まともに仕事に行けなくなりました。

この奇怪な離脱症状を緩和してくれそうな、どんな小さな情報でも
良いから欲しくて、思いつく限りのキーワードを入力し、
インターネット検索をする日々を送り、ある日、
とあるページで目にした「ボディートーク」という文字が
目に止まったのです。


そして、ボディートーク本部のHPを見てみたのですが、、

その時の私は「自分が施術を受ける側」の事しか頭にありません
でしたので、コース一覧というページをクリックした時、
それが「ボディートークの施術をする側」のセミナー一覧で
あったことに、一瞬がっかりしました。

でも、なぜかその時急に、
「あぁ、そういえば私、本当はこういう事がしたかったんだよね・・」
と、思い出したのです。まさに思い出す、です。


鬱になる少し前〜鬱になった頃、
「こんな苦しいことしてないで、本当はこんな感じに
同じように苦しんでいる人たちを、助ける事をしたいなぁ」
と、時々思うようになっていたのです。


そして、その翌日、

めまいと戦いながらも仕事に行った私は、
契約打ち切り 、つまり派遣切りを宣告されることになります。








つづく







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【北野祐子が出来るまで】
はじめに









2013.07.05 / Top↑
うつ Part 3 リハビリ

会社を辞めた私は旅に出ました。

2年間、世間で何が起こっているのかも知る暇もない生活をしていましたので、
久しぶりに世の中を見た感じです。


中国の海南島で撮った写真には、痩せこけてはいるものの、
実に明るい表情で写っている私がいました。

前年、休職時に沖縄に魅せられた私は、今度は離島を目指して、
石垣島からジェットコースターのような高速船に乗って、
日本最南端の波照間島まで行ったりもしました。

そんな日々を過ごして3ヶ月が経ち、季節は春になりました。


この頃、私が毎日の日課にしていたことで、
うつの方にオススメしたい事があります。

毎朝の散歩です。

季節の変化も感じられますし、心と体のコンディションを整えるのに
良い効果があるみたいです。


ついでにもう一つお勧めしたいのが、木に抱きつくことです。

私は散歩コースの最初の方にある、いつも寄っている神社で、
そこのお気に入りの大木に抱きついていました。

ちょっと、人に見られたら・・って気になりますけどね。(笑)

自分がその樹と一体になったつもりで、呼吸をしてみてください。
↑ 気功でほんとにこういうの、あるらしいです。



そして、夏が来る頃、私は社会復帰をしました。

今度は派遣社員です。

それまで私は自分が派遣で働くことに抵抗があったのですが、
調べてみると、「残業なしで!」などと希望を伝えることが出来、
働き方にいろいろ融通が効きそうだったのです。

病気であることもカミングアウトし、
体調が万全でないため、休んだりすることもあるかもしれない旨を伝えて、
それでも採用してくれた職場で、チーム内のシステム担当、
みたいな位置づけで働き始めました。

SEとしての2年間の経験があったから、このような仕事をもらえたのだと思います。

何事も無駄にはなっていませんね。

色んな事がありましたが、復帰の良いスタートでした。



この後5年間、
うつの薬は飲み続けているものの、自分では
精神状態も普通に戻った & うつはもう治った と思っていましたが、
相変わらず週に一度程の、体のだるさによる欠勤や早退・遅刻が続き、
そんな自分をよく嫌になったものでした。

が、2008年の秋、急にこれがなくなりました。

きっとこの時、やっと鬱が完治したのでしょうね。









つづく







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【北野祐子が出来るまで】
はじめに



2013.07.04 / Top↑

今日は父の誕生日でした。

moblog_43d62847.jpg



77歳、喜寿のお祝いという事で、
プリンにローソク立ててみました♪


3年前、ガンが発覚したとき、すでに広範囲に転移しており、
正直、先はそんなに長くないかと思ったものです



身内のエゴかもしれませんが、
どうぞ長生きしてちょうだいな〜

2013.07.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。