BodyTalkのことや日々のなんてことないことを綴ってみます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前からずっと書こうと思いつつ今日になってしまいましたが、

向精神薬からの離脱症状に苦しまれている方に読んでいただきたいです。

つまりボディートークというものがあることを知っていただきたいです。


そう書いている私は、うつ病克服者で、
2年ほど前に、抗うつ剤・向精神薬(精神安定剤)からも完全にサヨナラ成功したボディートーカーです。





私がボディートークと出会ったきかっけ、あまり人に話すことも無かったし
ここに書くのも初めてですが、
実は「メイラックス」という向精神薬からの離脱症状に苦しんでいた事がきっかけでした。

当時、あげたらきりが無いほどの奇怪な身体症状に苦しみ、
呼吸も普通に出来ず、ひどい時は起き上がれませんでしたし、
手足の感覚がおかしく、歩行困難でまともに歩けませんでした。

まぁー、8年間も飲み続けていた精神安定剤を止めたのだから
薬物依存症状態になっていたわけですね。

どんどんやつれていきながら、そうするしかないと思っていたので、
ただ我慢して時が解決してくれるのを待っていました。

でもあまりに辛く、
その頃、まともに仕事にも行けていなかったので、藁にもすがる思いで1日中ネット検索していました。

少しでも早く、少しでも楽になるための、どんな小さな情報でもいいから、
何か無いかと、思いつく限りの検索キーワードを打ち込み、情報を探していました。

そんな日を過ごすこと数日、ある時「ボディートーク」というキーワードを目にしました。

そのとき感じたインスピレーション、
 「あ、これだ」
が、今日の私につながっているわけです。(*^_^*)

自分が受けたい、というのと同時に、私がやりたかったのはこれだ とも感じたから
今の私がいるわけですが、
今日ここでは受ける側になった自分の話をしますね。


結論から言うと、それから1ヵ月後、あれだけいっぱいあった奇怪な症状、
ほとんどみんな消えていました。(その間、セッション受けた回数は2回)


離脱症状には通っているお医者さんもまともに対処してくれませんでした。(私の場合そうだった)
 ↑ これについては書きたいことありますが・・・  お医者さんも現状どうしようもないんだと思う。


そんなわけで私を救ってくれたボディートーク、
「離脱症状」に苦しめられている方々に試してみていただきたいです!
経験者の私がオススメします。

ぜひ、お近くのボディートーク施術者を探してみてください。




ここから先、長くなりますが
薬からの離脱をしようとしている方は知りたい情報かな?と思いますので、
私の服薬の歴史(?)を書いてみます。





(続き)

以下、私の体験談です。

1:服薬していた薬・量・回数・期間

2002年8月 ストレスにより初めて心療内科受診、メイラックスを処方される。このときの服薬は2週間だけ。  
     12月 過呼吸の発作。再び心療内科受診、長年にわたるメイラックス服薬開始。
2003年2月 うつ病と診断される。 トレドミン(抗うつ剤)服薬開始。

   朝、昼、夜、(+ひどいとき就寝前も) トレドミン 25mg×1
   夜        メイラックス 2mg  

2007年まで、このペースで薬を飲み続ける。 あまりに眠いので、メイラックスを2mg→1mgに。

2008年 たぶん、この頃「うつ」は治ったと思う。まともに仕事に行けるようになった。
       が、慎重なタイプの主治医だったので、なかなか薬を減らすことはしなかった。
      こちらから話して、半年に1錠のペースでトレドミンを減らし始めた。

2009年 とうとうトレドミン、終了。 止めたらしばらく、肩こり首こりなどの症状が出た。
      メイラックスは相変わらず飲み続ける。

2010年5月 とうとうメイラックスを飲むのを止めても良いかも?的発言が先生の口から。
         「メイラックスは穏やかな薬だから、トレドミンをやめたときのように
         何か症状が出ることはないですから」とも言われる。


・・2週間後、離脱症状としか思えない数々の症状が出始める。

思い出す限りどんな症状があったのか書き上げてみると、

・ひどい首肩こり
・耳がツーンと鳴ってふさがっている感じ
・呼吸困難・息苦しい
・頭痛めまい
・動機のぼせ
・手足の震え

・胃痛・胃不快
・全身だるい
・微熱
・筋肉硬直・ピクピク痙攣
・起きられない
・ふらつき
・歩行困難
・味覚異常     など


そしてボディートークのセッションをまず1度受けてみて、
そしてその1週間後に2回目を受けて、上記症状は殆ど消えました。

そして3ヵ月後には、自分がそんな症状に苦しんでいたことを
もうすでに忘れているくらいでした。


もちろん今はそのときよりも元気ですし、薬を飲む前よりもずっと元気です。


すごく長い文章になりましたが、ひとりでも多くの方に、
こういうものがあるということ、知っていただけたらと思って書きました。




スポンサーサイト
2012.04.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://reinacat.blog17.fc2.com/tb.php/151-f147749c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。