BodyTalkのことや日々のなんてことないことを綴ってみます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
不思議系なお話です。


興味ある方だけどうぞ~









1月ほど前。

そこまでの経緯は割愛しますが、マインドスケープ(脳内の私のお家)内で
友人CBPから
 
 「『雪の女王』読んでみなよ~」

と言われました。


 『雪の女王』???

確かにそういう童話がありましたね。
子供の頃、家に本があったのは覚えていますが、
肝心なSTORYを全く覚えていません。


今は便利な時代ですね。

ネットで「雪の女王」と検索したら、Wikiにあらすじが載っていました。


それによると、
~~~
 ある所にカイという少年とゲルダという少女がいて、
 ある日、鏡の欠片がカイの目と心臓にささり、性格が豹変してしまう。
 そしてまたその後のある日、雪の女王が来てカイを連れ去ってしまう。
 そして、ゲルダはカイを探す冒険の旅に出る。
 最終的にゲルダは雪の女王の宮殿にたどり着き、カイを見つけ涙を流す。
 その涙はカイの心に突き刺さった鏡の欠片を溶かし、カイは元に戻る。
   (雪の女王-Wikipedia より)
~~~
・・・こういった話。 


これを読んだときは、
「ふぅぅ~~~ん」
と、興味深く思ったのですが、
いったいこれの何が、私に関係があるのかわかりませんでした。
(マインドスケープ内で、「私が次にするべきこと」といった質問をしていたときの答えが
 先に書いた、友人CBPの台詞だったのです)


さて、先日のこと。


入籍記念日だったので千葉の美術館に出かけた、って事をここにも書きましたが

そう、以前から旦那が「行きたい」と言っていた、ホキ美術館に行ったのです。




「よく出来ているな~」と、惹きつけられる作品はいっぱいあるのだけど、

その中でも一点、足を止めて見入ってしまう絵がありました。なんだか離れられなくなったのです。


アトリエみたいなコンクリートの部屋で、こっちを見ている男性の絵。


その目が何かを私に言っているような気がして、しばらくその場に止まって
その絵と向き合っていたのです。



そして、ふと絵の題名を見てみると

  『カイ』。




・・・・・!






気づいた瞬間でした。

DCIM0463.jpg




「ただの偶然でしょ」 って言う見方もあるかもしれませんが。


でも、メッセージって、

日常のふとした事や所に、実際ちりばめられているものみたいですよ。



ボディートークのシルビア先生の言葉ではありますが、

なので、日常まわりで起こっているものごとに、ちょっと注意を払ってみると良いですよ。


案外、いろいろなヒントを見つけられるかもしれません。
スポンサーサイト
2012.12.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://reinacat.blog17.fc2.com/tb.php/230-b002d9d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。