BodyTalkのことや日々のなんてことないことを綴ってみます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
うつ Part 2 発症〜療養

うつと診断され、めでたく私は休職することができました。

2ヶ月間自宅療養をしたのですが、最初の1〜2週間はひたすら寝て過ごし、
その後、気分は落ち込んでいるものの、行動する元気は出てきたのでしょうね、1人で旅に出たりもしました。

この時初めて沖縄にも行きました。

友達の家に1週間ほど滞在させてもらい、友達が仕事に行っている昼間、
ひとりあてもなくバスに乗って出かけ、適当なところで降り、
海辺でさんぴん茶片手にボーッとして過ごしたものです。

実はうつになって、生まれて初めてものが食べられなくなり、
1〜2カ月でみるみる痩せていったのですが、この沖縄にくる前日も、
急性胃炎で眠れず、行きの飛行機の2時間半の記憶がないくらい
グッタリしていたのです。
しかし、沖縄に来て数日後、気づいたら油ものの食事を
普通に食べている自分がいました。 驚きました。

この沖縄滞在で、沖縄の癒しのパワーをひしひしと感じ、
これをきっかけに私の沖縄好きが始まりました。

お世話になった友人夫婦に感謝です。

さえちゃん、
見てないと思うけど、本当にありがとう。
私は本当に本当に感謝しているんだよーーー




そして春になり、2カ月間でそれなりに回復した私は、
無理をしない範囲で、職場復帰を果たすことになりました。

休職する前に参加していたプロジェクトはまだ終わっていませんでしたが、
私はそこのメンバーから外してもらい、自社の事業所内で、
小規模な開発の仕事を割り振ってもらい、割と平和な数ヶ月を過ごしました。


が、それも長くは続きませんでした。

夏が来る頃、新しいプロジェクトに配属されました。
復職の時、「残業等、無理はできません」と伝えたのですが、
当時の小規模なIT会社では、そんなの通用しませんでした。

また、ひたすら歯車(人間捨てて機械のように働く)の日々が始まりました。
0時前に家に帰ってきたことなんて、なかったんじゃないかなぁ・・・

今回は肉体的にもですが、精神的にキツイ仕事でした。


そして冬が来て、私は本当にこの先が不安になりました。
いつまで私の体は持つんだろう?このままでは再起不能になってしまう・・
体を壊してまで(すでに壊れてましたが)、SEを続ける自信はありませんでした。

そんな時、私の直感を後押ししてくれる、ちょっとしたきっかけもあり、
主治医にも、
「このままではあと2カ月くらいで、本当に働けなくなってしまいそうだ」
と、話したところ、「私もそう思います」と言われ、
もう無理をするのを止めることにしました。

そして12月末、会社を辞めました。

2年間のSE時代、終了です。


よくやったー!私!








つづく







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【北野祐子が出来るまで】
はじめに


スポンサーサイト
2013.06.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://reinacat.blog17.fc2.com/tb.php/271-59418828
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。