BodyTalkのことや日々のなんてことないことを綴ってみます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
リンクとの冒険 その3 の続きです。




♬♬♬


山を下り切ったものの、そこは見渡す限りの一面の野原。

遠〜くに湖が見えるものの、何の建物も見えません。

もはや方角もわかりません。 道は左右、二手に分かれています。


「リンク、お家はどっち?」

ハッハッハッハ… リンクは左に進みました。


「そう、そっちなの。建物、何も見えないけど、行くしかないね。」

しばらくついて行きました。

日差しを遮るものは何もありません。 喉が乾きました。



すると、リンクは突然向きを変え、今来た道をUターンし出しました。

「あれ?リンク、こっちの道じゃなかったの?
そうか〜、リンクでも間違えちゃったのね〜」


きっと、もう一方の右の道へ行くんだったんだろうな、と思っていた所、
山を下り切った場所まで戻ったところで、リンクが鼻先を向けたのは
今さっき下りてきた、元来た道でした。



はぁ〜〜〜あ? リンク!? 何?戻るの!?!?



ここで、左脳の恐れが、 わっ と、私に襲いかかってきました。

リンクは、本当に 道をわかっている?



“ もぉ、ダメだ。 しょうがない SOS を出そう。”


仲間の誰か日本人に連絡するのだ。



携帯を取り出し、アドレス帳を検索しようとする。

しかし、半パニックになっていた為、アドレス帳を開いて閉じて、
開いて閉じて… を繰り返してしまう。
何をやっているのだか、自分でもよくわかりません。

落ち着くために、その場にしゃがみ込み、
横からリンクが覗き込む中、なんとかアドレス帳を検索。

・・・が、連絡を取るべき仲間の電話番号は登録していなかった…。


あああ〜〜〜! どうしよう!
しょうがない、 これだけはしたくなかったけど、 日本にいる旦那に電話だ!!


・・・そこで初めて気がつきました。

ここは大自然の中。 そもそも電波なんて通っていません。


画面には『圏外』と表示されていました。






つづく
スポンサーサイト
2013.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://reinacat.blog17.fc2.com/tb.php/292-c7afb426
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。